インタビュー記事

インタビュー記事を掲載していただきました。

どうやって音楽の道に進んでいったのか、

今の活動をはじめたキッカケなど、お話しています。

興味がある方は、のぞいてみてくださいね。

【インタビュー】シンガーソングライターMAYUさん | さっぽろウェブマガジン『icicle-アイシクル-』

本日のインタビューは、札幌を中心として活動しているシンガーソングライターのMAYUさん。 自身で作詞作曲し、これまでにアルバム5枚、シングル1枚をリリースされています。 現在は、楽曲提供を中心に、サポートミュージシャンとしてレコーディング等で活躍されています。 アンニュイで優しい歌声のMAYUさんですが、彼女自身もほんわかとした優しい印象です。 大好きな音楽の道で 【アイシクル編集部】サポートミュージシャンとしてピアノを担当されていたとのことですが、音楽に触れるきっかけもピアノですか? 【MAYUさん】3歳の頃、母に連れられてエレクトーン教室に行ったんですよ。そこでお姉さんたちが弾いているのを見て「これやりたい!」って言ったらしいです。全然覚えてませんけど(笑)。最初はエレクトーンでしたが、途中からピアノも習っていました。 【アイシクル編集部】そうなんですね。子どもの頃から音楽の基礎は出来ていたということですね。では、曲作りをするキッカケになったのはいつごろですか? 【MAYUさん】高校生の頃、仲の良い友人とボーカルユニットを組んで、友人がボーカルと作詞、私がピアノと作曲を担当しました。学校祭でオリジナル曲を披露したり、音源を録音したりという感じでやっていました。そこからすべてが始まったと思います。 数年経ち、ひとりで作詞作曲をし自身で歌う形になっていきました。そして、それが偶然にも芸能事務所の社長の目に留まり、ありがたいことに事務所に所属することになりました。 【アイシクル編集部】そうなんですね。芸能事務所の名前は控えますが、誰もが知っている大手の有名芸能事務所ですね。 【MAYUさん】はい、そうです。 【アイシクル編集部】シンガーソングライターとして所属していたのですか? 【MAYUさん】はい。私自身そのころから歌うよりも作るほうに喜びを感じるようになってきていて、楽曲制作をメインにやっていました。でも、それがなかなか大変だったんですよ。曲作りのノルマがあって、なんと1日1曲!メロディだけではなく、歌詞もつけ、さらに自身で歌入れも行っていました。 【アイシクル編集部】色々とびっくりなんですが、曲ってそんな短時間に作れるものですか?それは現実的に可能なんでしょうか?

さっぽろウェブマガジン『icicle-アイシクル-』

MAYU official website

歌ったり作ったりしています。写真を撮るのも好き。楽曲制作をメインに活動しています。音楽で何か届けられたら幸せ。

0コメント

  • 1000 / 1000